PowerFolder解説書
発売中!!
PowerFolder解説書
T章のPowerFolderの概要では、基本的な機能、利用目的、利用の仕方、技術的背景、特徴などが分かり易く記述されています。
■  内容
T PowerFolderの概要
U PowerFolderの仕組み
V PowerFolderの使い方
W PowerFolderの仕様

お求めは有名書店、または弊社まで。

■ 応用

PowerFolder の機能を用いて表を結合し、データを加工し、使いやすい画面や帳票をデザインし、集計し、グラフ化すれば、様々な用途への応用ができるようになります。

● 表データ管理から業務管理へ

例えば、下記の表をPwerFolderでデザインすれば、販売管理、在庫管理、勤務管理、プロジェクト管理、給料計算の業務が可能になります。

マスター表 結合する表 管理に必要なカラム
@課員データ
氏名、生年月日、性別、出身地、資格、家族構成など
A顧客データ
顧客名、住所、担当部署・課、担当者名、割引率など
B商品・サービスデータ
商品名・サービス名、単価など
C仕入先データ
仕入先名、住所、担当部署・課、商品名・サービス名、単価など
D販売管理データ
@ABD 注文、受注、納品、請求、入金、決裁にかかわるカラムなど
E在庫管理データ
BCD 品名、終了、入出庫数、納入先
F勤務管理データ
@DGJK 割当作業工程、時間外、交通費、訪問先、通信欄など
Gプロジェクト管理データ
@DJK プロジェクト名、担当者、割当、作業工程名、時間など
H給料データ
@FGIK 基本給、諸手当、時間外、税金、保険など
I源泉徴収税額表
所得範囲、税額など
Jカレンダー
週間、月間の予定など
K作業工程一覧表
作業工程名、工程単価など

● 販売管理の例

例えば、販売管理の場合は、
@顧客管理用の表と
A商品管理用の表を結合して新たに
B販売管理用の表を作成し、これから
C見積書、請求書などを自由にレイアウトして印字したり、
D売上実績などを集計しグラフ化したりすることが簡単にできます。

販売管理の例

● その他の例

その他の例を以下に示します。