PowerFolder解説書
発売中!!
PowerFolder解説書
T章のPowerFolderの概要では、基本的な機能、利用目的、利用の仕方、技術的背景、特徴などが分かり易く記述されています。
■ 内容
T PowerFolderの概要
U PowerFolderの仕組み
V PowerFolderの使い方
W PowerFolderの仕様

お求めは有名書店、または弊社まで。

◆ 操作画面例

PowerFolder の説明として『BI指向のデータ管理ソフト』を前面に出しています。
一般的なソフトの分類でいえば、Windows でスタンドアロンで動くデータベースソフトといえます。
具体的にはどんなソフトなのかを操作画面の例を示して紹介します。
  1. CSV形式のデータを集計しグラフを描く
  2. 伸縮表示とHTML出力
  3. 三種類のフォルダ

1. CSV形式のデータを集計しグラフを描く

PowerFolder はCSV形式のデータがあれば、表作成、読み込み、集計、グラフ作成が簡単にできます。
評価の一つの方法として、できればお客様のデータで、試してみることをご提案いたします。
ここでは、試用版の配布ファイルに含まれる「お試し.csv」 を使っての具体的な操作方法を画面で示します。
ここで行っていることの概要は次の通りです。
  1. CSV取込で「お試し.csv」を指定する。
  2. CSVファイルの1行目がカラム名であることを確認し、表を作成する。
  3. 作成した表にCSVファイルの2行目以降を取り込む。
  4. 取り込んだデータを表示し、カラム「地区」を集計表に追加する。
  5. 同様にカラム「売上金額」を集計表に追加する。
  6. 集計表を表示し地区ごとに件数と売上金額が合計されているのを確認する。
  7. グラフ表示で売上金額の合計の棒グラフを描く。
  8. グラフ表示で売上金額の棒グラフと件数の折れ線グラフを合わせたグラフを描く。

Adobe Flash Player が利用できない場合は、こちらのHTML版(別ウィンドウで開く)をご覧下さい。

この画面による操作例は「Wink」で作成しました。

その他の操作画面例
2. 伸縮表示とHTML出力
3. 三種類のフォルダ